少しずつ、自分のやりたいことが見えてきた

こんばんわ!こんちゃです( ´ ▽ ` )ノ

約2ヶ月ぶりの更新になってしまいました(^_^;)

お久しぶりです( ^_^)/

世間は3連休でしたね!僕もありがたくも3連休!

いつもの僕であれば、この貴重な3連休。

旅に出ます。探さないでくださ(ry


というのがお決まりパターン。笑

しかし、この3連休はあえて遠出はしませんでした。

その一番の理由。

”ゆっくり考える”時間が最近あまり取れていなかったから。

旅に出たい!写真撮りたい!ギター弾きたい!

やりたいことが先行して、考えることの優先順位が低くなってました。

ということで、この3連休いろいろと考え事をしていました。

今日はこの3連休の思考の整理も兼ねてアウトプットします。



ここから先は大真面目な話になります。



僕は2018年4月1日から約1年間かけて世界を巡ります。

その中で、僕の軸となるものをこの1年模索していました。

そして、ようやく腑に落ちる道標を見つけました。

恩送り

初めて聞く人も多いと思います。

この概念と出会ったのは1年前のゴールデンウィーク

人生で初めてヒッチハイクの企画に参加した時でした。

恩送りとは、誰かから受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。

ヒッチハイクは一期一会であることがほとんどです。

乗せていただいた恩をその人に返すことができません。

だからこそ、その恩を他の誰かに送る。

そうして誰かに送った恩が、次の誰かの助けになる。

そんな考え方です。

恩送りという考え方は、今日誕生日のだいちゃんから教えてもらいました。

本当にありがとう。

temitalog.hatenablog.com

(↑こんな記事書いてたのね。ついさっき知りました)


僕は世界一周をすること自体に意味はないと思っています。

時間とお金とパスポートさえあれば、誰だってできます。

大切なのは、僕が世界一周という経験にどのような意味を与えるか。

これは誰かに教えてもらうものではなく、自分で導く必要があります。

その意味を与えるために、世界一周のテーマを「恩送り」に決めました。

もう十分なくらい、今までの人生で色んな人からご恩を頂きました。

今度は僕が誰かのために何かをする番です。


僕は世界一周の期間を

旅先で出会った人に何を与えられるか

を考え抜き、実行する時間にしたいと考えています。

勘違いして欲しくないのが、他者に尽くすために僕自身を殺すつもりはありません。

僕が恩送りをしようと思う理由。

僕自身の主観で、”僕は誰かに貢献できている”と自分の価値を実感するため。

この貢献感こそ、僕が幸せを感じられる瞬間だと思います。

要するに、”幸せになる決心”をしたのです。


ここまで読んで頂いて、ある本が思い浮かんだ人はいるでしょうか?


 

f:id:koncha030:20170717205335j:plain



ミリオンセラーとなった「嫌われる勇気」です。


アドラー心理学について言及した本になります。

一年ほど前に一度読んでいましたが、昨日改めて読み直しました。

もし、読んだことがない方がいたら読んでみてください。おすすめです。


恩送りはアドラー心理学でいうところの”他者貢献”だと考えています。

自己への執着から他者への関心に変えるきっかけにしたいです。


 

最後に、この世界一周✖️恩送り

ブログタイトル「恩旅(仮)

として新たに開設したいと考えています。

趣旨としては、世界一周中にした恩送りの内容と感情を綴り続けること。

間違っても”誰かに自分の行いを評価してもらいたい”わけではありません。

・恩送りを誰かが知るきっかけにになるかもしれない
・誰かの背中をそっと押せるかもしれない
・一歩踏み出す勇気のきっかけになるかもしれない

読んでくださる方へ貢献するためのひとつのツールにしたいです。




・・・ちょっとまとまりに欠ける記事になってしまいましたね。笑

最後まで読んで頂きありがとうございました(^o^)/